産後太りの原因と対策

産後太りの原因と対策のご紹介

産後太りはなぜ起こる?発生のメカニズムと対策方法

出産という大仕事を終えてやっと出会えた新しい命、しかし同時に産後は心と体が大きく変化をする時です。
中でも体型が戻らない、体重が減らないなど、いわゆる産後太りに悩む話をよく聞きます。
産後太りはなぜ起こるのか、そのメカニズムを知って対策をしましょう。

妊娠中、母体は胎児を守るために血液が増え、皮下脂肪を蓄えます。
出産後、胎児、胎盤、羊水の分は減るものの、一度ついた皮下脂肪はなかなか落ちません。
また体型が変化することによる骨盤がゆがみ、動きが減ることで基礎代謝が低下します。
さらに夜間の授乳など不規則な生活により、ストレスが増え食べすぎてしまうことも原因の一つになります。

そんな厄介な産後太りですが、対策を知って根気よく続けていけば解消することはできます。
出産後すぐにできるものとしては、補正下着などで骨盤を引き締めること、目安としてだいたい産後6カ月以内までには行いましょう。
この時期はまだ骨が柔軟で、変化することが十分可能だからです。

他にも適度に体を動かすこと、ストレッチ、エクササイズ、日常の家事など無理のない範囲で軽めの運動をしていけば、基礎代謝は少しずつ上がっていきます。
食生活ではなるべくバランスのよいメニューを心がけ、暴飲暴食を防ぎましょう。

出産をすれば体型が崩れるのはある程度仕方のないことですが、ちょっとした心がけと努力で妊娠前のスリムな自分に戻ることは出来るのです。
健康的な生活で、充実したママライフを満喫しましょう。